軟式野球と公式野球の違い

記念すべき第一回の投稿は、軟式野球と硬式野球の違いについて簡単に書いてみようと思う。

軟式野球は投高打低

一番の違いは打撃力の違いですね。正確に言えば、打撃力が仮に硬式野球の選手と同じであれば、ボールが軟式になるだけで打つ方が圧倒的に不利になるということです。

理由はもちろんボールの違い。軟式野球でも140km台を計測するピッチャーは全国大会のレベルになると存在しますが、これを真芯で捉えるのは非常に難しい。というか、真芯で捉えてもなかなかホームランにはなりませんし、ポップフライになってしまいます。変化球も硬式よりエグイ曲がり方をします。

そのような理由から、大学の軟式野球や草野球のトップレベル(社会人野球のレベル)でも、全国までいくとほぼ打ち合いにはなりません。

0-0でサドンデスに入ることも珍しくなく、「叩き」と呼ばれる作戦もありますしね。セーフティースクイズの打つ版とでも言いますか、軽くサードランナーがスタートを切って内野ゴロをたたきつけるという作戦です。

軟式球は叩きつけることでバウンドが高く跳ねるので、その間にランナーを生還させて1点をもぎ取るという戦術の1つですね。これが意外に難しいのですが。

軟式野球の方が戦術が大切となる

こう書いてしまうと硬式野球の現役プレイヤーや首脳陣の人からも批判がくるかもしれませんが、硬式野球より軟式野球の方が緻密な戦術が勝敗を左右するのではないかなという印象はあります。

基本が1点差ロースコアのゲームですから、1球ごとの采配次第でゲームがわかれますし、一度リードを許してしまうと逆転するのがより難しい。

軟式と硬式では打ち方も違う

軟式と硬式では打ち方も違います。

最近はフライボール革命と言って硬式でも下からバットを入れるという理論が流行ってますが、軟式の場合は顕著にそれが出ていて、上から叩くと良い結果になりません。

硬式野球はボールの下にバットを入れてバックスピンで飛ばすイメージの人が多いですが、軟式はレベルスイングからアッパー気味に入れてライナーを打つ方が良い結果になることが多いです。

もちろんバッティングの技術や理論はそれぞれで、人によって正解があるので一概には言えませんが。

打ち方の違いについては下記のサイトが一番参考になりました。

https://89theory.com/ホームランの打ち方を徹底解説

小中学生は軟式野球と硬式野球どちらを選択すべきか

小学生や中学生の頃に、軟式野球と硬式野球どちらを選択するべきか?というのもよく議論にあります。

私は中学までは軟式野球を経験しましたが、高校に入った時にそのレベルの違いには驚いたものです。あきからに硬式出身者の方がボールに慣れているし、レベルの高い野球をやっていたんだなというのがわかります。

ただ、指導者のレベルの違いについては軟式野球でも野球に詳しい顧問がいればそれで問題ありません。それよりも、小さい頃から硬式をやっていて投げすぎたりしてケガをするのが怖いですね。

軟式や硬式の違いというよりは、そのチームの指導者の方針、野球の知識、方向性なんかをきちんと親が選定して進路を考えてあげることが大切なのかもしれませんね。地域によって軟式が盛んな地域、硬式が盛んな地域、ソフトボールが流行ってるエリアなんかもありますし。

以上、記念すべき第一投稿でした。