2019年以降日本はどう変わっていくのか

さて、ずいぶん壮大なテーマでタイトルをつけましたが、2019年以降日本はどうなっていくのか?について、思うところをアウトプットがてら書いてみようと思います。

テーマは大きく

  • シェアリング
  • 個人の時代
  • 生産性

この3つがくるのではないかなと感じてます。それぞれテーマごとに行きます。

シェアリングが伸びる

正直言うとシェアリング含めその他のテーマも今更かよという気もしますが。

それでもまだまだシェアリングの需要は伸びるんではないかと考えてます。最近では、ウィーワークなど不動産系のシェアも話題になってますね。不動産賃貸系のシェアはシェアハウスに始まり、シェアオフィス、民泊、スペース貸し(会議室)ととどまることを知りません。

車についてもそうですし、東京を中心に、「所有」という概念がどんどん希薄になっているのをひしひしと感じます。

飲食店で言うと二毛作のようなお店も増えてきましたし、クローズの時間帯を別の業態に貸すというのも都内では見かけます。

既存の業態にも「シェアリング」「レンタル」という概念を当て嵌めてみると面白い発想が生まれるかもしれませんね。

個人の時代

次、個人の時代。これもシェアリングと同様、間違いない。確信です。

インターネットがインフラとして整い、4G、さらには5Gとなったことでさらなる情報化が進みます。

それに伴って、個人がいかにして発信力を持つのか、いかに経済にかかわるのか、といった具体的な方法も浸透してきたように思います。

今の中学生、高校生達は今までにない生き方や働き方をする大人をごく普通の感覚で見ています。これからもっと想像もしない働き方が一般的になり、特定ジャンルの情報発信をして生きていく人たちが増えると想像できます。

また、これだけ豊かになってモノが溢れていると、「より上を目指そう」というよりは、「いかに楽しく過ごすか」という価値観に重きが置かれる傾向にもあります。

そうなると余計に個での活動が促進される気がしています。特に困ることがないので、「世の中を変えよう」とは思わず、いかに趣味を楽しむか、いかに最低限の収入を自力で稼いでいくのかということにフォーカスされます。

もちろん、それが悪いこととは思いませんし、時代に伴って変化、進化していくことこそ人間味があると思います。

生産性

最後は、生産性です。

より良く、より無駄を省くというのが普通になっていくのではないでしょうか。

それはビジネスの中でもそうですし、生活の中でもそうです。不要な文化は排除され、中間に入っている「何か」や、「人間がやる必要のないもの」は次々と排除されていきます。

その分人間がやることはなくなり、今までと同じ方法で利益を得ていた会社や個人は食いぶちがなくなっていきます。

ところが国全体はどんどん便利に豊かになっていくので、そのお金がどのように使われ、意思決定されていくのか。

政治的なことはわかりませんので、具体的にどうなっていくのかはわかりませんが、ここで挙げた3点のことを深く理解して、自分の領域での活用方法や変化の方法を考えることがうまく時代を生きていくコツなような気がしています。

軟式野球と公式野球の違い

記念すべき第一回の投稿は、軟式野球と硬式野球の違いについて簡単に書いてみようと思う。

軟式野球は投高打低

一番の違いは打撃力の違いですね。正確に言えば、打撃力が仮に硬式野球の選手と同じであれば、ボールが軟式になるだけで打つ方が圧倒的に不利になるということです。

理由はもちろんボールの違い。軟式野球でも140km台を計測するピッチャーは全国大会のレベルになると存在しますが、これを真芯で捉えるのは非常に難しい。というか、真芯で捉えてもなかなかホームランにはなりませんし、ポップフライになってしまいます。変化球も硬式よりエグイ曲がり方をします。

そのような理由から、大学の軟式野球や草野球のトップレベル(社会人野球のレベル)でも、全国までいくとほぼ打ち合いにはなりません。

0-0でサドンデスに入ることも珍しくなく、「叩き」と呼ばれる作戦もありますしね。セーフティースクイズの打つ版とでも言いますか、軽くサードランナーがスタートを切って内野ゴロをたたきつけるという作戦です。

軟式球は叩きつけることでバウンドが高く跳ねるので、その間にランナーを生還させて1点をもぎ取るという戦術の1つですね。これが意外に難しいのですが。

軟式野球の方が戦術が大切となる

こう書いてしまうと硬式野球の現役プレイヤーや首脳陣の人からも批判がくるかもしれませんが、硬式野球より軟式野球の方が緻密な戦術が勝敗を左右するのではないかなという印象はあります。

基本が1点差ロースコアのゲームですから、1球ごとの采配次第でゲームがわかれますし、一度リードを許してしまうと逆転するのがより難しい。

軟式と硬式では打ち方も違う

軟式と硬式では打ち方も違います。

最近はフライボール革命と言って硬式でも下からバットを入れるという理論が流行ってますが、軟式の場合は顕著にそれが出ていて、上から叩くと良い結果になりません。

硬式野球はボールの下にバットを入れてバックスピンで飛ばすイメージの人が多いですが、軟式はレベルスイングからアッパー気味に入れてライナーを打つ方が良い結果になることが多いです。

もちろんバッティングの技術や理論はそれぞれで、人によって正解があるので一概には言えませんが。

打ち方の違いについては下記のサイトが一番参考になりました。

https://89theory.com/ホームランの打ち方を徹底解説

小中学生は軟式野球と硬式野球どちらを選択すべきか

小学生や中学生の頃に、軟式野球と硬式野球どちらを選択するべきか?というのもよく議論にあります。

私は中学までは軟式野球を経験しましたが、高校に入った時にそのレベルの違いには驚いたものです。あきからに硬式出身者の方がボールに慣れているし、レベルの高い野球をやっていたんだなというのがわかります。

ただ、指導者のレベルの違いについては軟式野球でも野球に詳しい顧問がいればそれで問題ありません。それよりも、小さい頃から硬式をやっていて投げすぎたりしてケガをするのが怖いですね。

軟式や硬式の違いというよりは、そのチームの指導者の方針、野球の知識、方向性なんかをきちんと親が選定して進路を考えてあげることが大切なのかもしれませんね。地域によって軟式が盛んな地域、硬式が盛んな地域、ソフトボールが流行ってるエリアなんかもありますし。

以上、記念すべき第一投稿でした。